2019/03/05

3/20-23 ONE MEKONG CREW 九州TOURのお知らせ

 アジアの地下ヒップホップ・シーンからローカルなディスコまで潜入調査した男達によるインターネットの世界ではわからない危険な現場、ゴシップ、カルチャーを紹介する謎の会合ワンメコンがついに九州上陸!3月末、stillichimiyaのYOUNG-G、MMMと共にワンメコン・スタイルを広めるために小倉・福岡・熊本の3都市でDJ & トークします。アジアの高層コンドミニアム系都会派チューンから農村DIYヒップホップはもちろん、モーラム、ルークトゥンからADMまで全部盛りのワンメコン・スタイルのDJを是非、身体で体験してみてください。そしてネットに転がっていないゴシップも沢山持って行きます!ツアーに合わせてOMKグッツも準備中。ご来場お待ちしております。





ONE MEKONG MEETING in 小倉
2019 / 3 /20 /水(祝前日)
@MEGAHERTZ
OPEN 20:00〜
(LIVEトークショーは21:00から予定)
当日 ¥2500  前売り¥2000

"SPECIAL GUEST & TALK SHOW"

●OMK DJ CREW●
"Young-G"
(stillichimiya)
"MMM"
(スタジオ石/stillichimiya)
"Soi48"
(KEIICHI UTSUKI & SHINSUKE TAKAGI)

"TROPICAL LIVE"
ピテカントロピクス

"LIVE & DJ"
lee(asano+ryuhei )
Juicy one
SSD
kexxxxxu
Gerardpaman

"PAINT"
濡水 潤

"アジア雑貨&FOOD"
mama福

"レコード&CD"
HOUSE OF STEEL

"FOOD"
TIQUITA

"venue"
MEGAHERTZ
〒802-0081 北九州市小倉北区紺屋町7-17 ダイヤ会館2F





【Somtam wan ang khaan presents " ONE MEKONG MEETING IN FUKUOKA "SPECIAL 2 DAYS !!!】

■GUEST:
YOUNG-G(stillichimiya)
MMM(stillichimiya、スタジオ石)
Soi48(KEIICHI UTSUKI & SHINSUKE TAKAGI)

★詳細/前売購入リンク
https://t.livepocket.jp/e/omk_fukuoka321-22

-----

DAY① 3/21(祝/木)
TALK EVENT at manucoffee roasters クジラ店 (DAY)
OPEN 17:00 / START 18:00〜21:00 / CLOSE 22:00
前売 2,000JPY // 当日 2,500JPY  (共に+1D)
*両日参加の方はDAY②が500JPY割引になります*
-info-
福岡市中央区白金1-18-23
092-707-0306
https://www.manucoffee.com/

-----

DAY② 3/22(金)
DJ PARTY at KiethFlack (NIGHT)
OPEN 20:00〜LATE
前売 2,500JPY // 当日 3,000JPY  (共に+1D)
*両日参加の方はDAY②が500JPY割引になります*
-info-
福岡市中央区舞鶴1-8-28 マジックスクエアビル1/2F
092-762-7733
http://www.kiethflack.net

-----

■STWK MEMBER:
hassi, kiimao tong, ERROR, iroiro靖子, カーネル深夜食堂, 芫, HIWEE, OWEN, さんどろん
■SP DRINK: ビアラオビール
■SHOP BOOTH: OMK, EM Records

★TICKET SHOP:
iroiro群青, STEREO COFFEE, 芫, SQUASH DAIMYO / IMAIZUMI, TICRO MARKET, みんなの黄ちゃん, manucoffee クジラ店 / 大名店, Kieth Flack






3/23(土)
OMK 九州TOUR in 熊本
supported by アナタと熱帯
at NAVARO

19:00 open
19:30 talk show start
22:00 party start
前売りチケット2000円
当日チケット  2500円
(要1ドリンク オーダー)

GUEST /
Soi48 . Young-G . MMM

LIVE / BOOMDIGI . coby . yet
DJ /  Mosaiceyes . Picnicカオル . Ryuhei

DECO / アナタと熱帯

FOOD /  Fujimo  らぁめん臨機

チケット予約/取り扱い店(3月1日より販売開始)
NAVARO  TEL 096-352-1200
熊本県熊本市中央区南坪井町10-1ビル地下
http://navaro.info/home/





■OMK (ワンメコン)
 stillichimiyaのYOUNG-G、MMM、DJユニットSoi48を中心にアジアの地下ヒップホップ・シーンからクラブ、ローカルなディスコまで潜入調査し、インターネットの世界ではわからない音楽、危険な現場、ゴシップ、レコード、カルチャーをディグするプロジェクト。SNS上のうわべだけのコマーシャルと異なる”リアルで質の高い”情報は大きな話題を呼び『STUDIO VOICE : Flood of Sounds from Asia-そこで生まれる音楽-』やTBSラジオ「アフター6ジャンクション」で特集されることに。ワンメコン・ミーティング、DJイベントを不定期開催中。




■YOUNG-G (stillichimiya)
 山梨県一宮町で生まれたムーブメント”stillichimiya”メンバー。DJ、プロデューサー、サウンドエンジニア‥音に関わる様々な活動を展開。ソロ活動としてDJやビートを提供する傍ら、田我流とカイザーソゼ、おみゆきCHANNEL、IS PAAR BAND等のプロジェクトにも参加。2011年フィリピン、マニラのトンド地区でのHIPHOPワークショップを経てから「アジアで独自の進化を遂げるHIP HOP」をテーマにしたMIX CD「Pan Asia」シリーズ(Vol1, 2)を製作。日本で流通、紹介されないアジア圏のHIPHOPアーティストの招聘や普及活動を展開。2017年公開の空族の映画『バンコクナイツ』に楽曲提供、録音スタッフとして参加。同映画は海外の映画祭で数々の賞を受賞、国内では毎日新聞映画コンクールの監督賞、音楽賞という名誉ある賞に輝いた。タイを中心にラオス、カンボジア、ミャンマー等、メコンの音楽に魅せられおよそ一年にわたり現地で音楽を収集、研究。独自の視点と経験から放たれる音は、リスナーを日常と洗脳から解き、桃源響へと導く。



■MMM(stillichimiya、スタジオ石)
 1982年生まれ。日本大学芸術学部卒業。漫画家を経て、2010年より「スタジオ石」として、MV 制作、イラスト、デザイン、立体制作など多角的に創作活動を始める。ラップグループ「stillichimiya」のメンバーとして音楽活動もおこなう。脚本、演出、撮影、編集まですべてをこなすMV作品は、おもにweb上で公開、注目を集め、ジャンルを超えたアーティストから制作オファーが殺到している。『映画 潜行一千里』は向山が「スタジオ石」として『バンコクナイツ』の撮影を進める傍ら、自らカメラを回し空族の撮影風景の裏側を記録に収めた監督作品である。



■Soi48(KEIICHI UTSUKI & SHINSUKE TAKAGI)
 旅行先で出会ったレコード、カセット、CD、VCD、USBなどフォーマットを問わないスタイルで音楽発掘し、再発する2人組DJユニット。空族の映画『バンコクナイツ』にスタッフとして参加し毎日映画コンクールにて音楽賞を受賞。EM Recordsタイ作品の監修、『爆音映画祭タイ|イサーン特集』主催、フジロックや海外でのDJツアー、トークショーやラジオなどでタイ音楽や旅の魅力を伝えている。その活動の様子はNHKのTV番組にも取り上げられ大きな話題となった。『Soi48』というパーティーを新宿歌舞伎町にて不定期開催中。Brian Shimkovitz(AWESOME TAPES FROM AFRICA)、Zack Bar(FORTUNA RECORDS)からモーラム歌手アンカナーン・クンチャイ、弓神楽ただ一人の後継者、田中律子宮司など個性的なゲストを招いてのパーティーは大きな反響を呼び英「The Wire」にも紹介された。タイ音楽と旅についての書籍「TRIP TO ISAN :旅するタイ・イサーン音楽ディスクガイド」好評発売中。
http://soi48.blogspot.com/

2019/02/22

4/27(SAT)音楽とカレーのコラボフェス「ボタとサーカス」@スチールの森 京都

 4月27日スチールの森 京都で開催される音楽とカレーのコラボフェス「ボタとサーカス」にstillichimiyaのYOUNG-G、MMMとワンメコン・クルーとして出演決定。同日は日本唯一のピン・プラユック・バンドMONAURAL MINI PLUG、田我流も出演するのでスチールの森が大変なことになりそうです。アジアの高層コンドミニアム系都会派チューンから農村DIYヒップホップはもちろん、モーラム、ルークトゥンからADMまで全部盛りのワンメコン・スタイルを是非野外で体験してみてください。お待ちしております。


(公式インフォから転載)

イベントタイトル:「ボタとサーカス」
公式サイト:http://buttahandcircus.com/
開催日時: 4月27日(土) 09:00 - 21:00  /  4月28日(日) 09:00 - 19:00
会場:スチールの森 京都 ( http://forest-hiyoshi.jp/ )
チケット:イープラス、楽天チケット、ローソンチケット、チケットぴあにて1月28日(月)より発売開始!

4/27(土):
U-zhaan × 環ROY × 鎮座DOPENESS / 青葉市子 / 田我流 / chelmico
VaVa / MONAURAL MINI PLUG / OMK(YOUNG-G、MMM、Soi48)

4/28(日):
glitsmotel (唾奇 × HANG) / Sweet William × Jinmenusagi / Shing02 / Qrion
asuka ando with エマーソン北村 / DONUTS DISCO DELUXE(ANI from スチャダラパー + ロボ宙 + AFRA)
DISCO MAKAPU'U (川辺ヒロシ / サイトウ”JxJx”ジュン) / ダサい曲をかけるパーティー ( HALFBY、Might Mars、諸行亭夢常 and more)

屋台:
Buttah / デッカオ / 谷口カレー / カレーちゃん家 /  ニタカリバンチャ / 創作カレー ツキノワ / スパイスカリーて / ワンダカレー / 台風飯店(アジア飯)

(チケット情報)
《入場券》
・2日通し入場券(27日&28日):8,800円(税込)
・1日入場券(28日のみ):5,800円(税込)

《テントサイト券》
・テントサイト券:2,000円(税込)

《オートキャンプテントサイト券》
・特設オートキャンプ券: 5,000円(税込)
・第1&第3&第4オートキャンプ券: 8,000円(税込)

《駐車券》
・駐車券:1,500円

2019/02/21

3/31(SUN) SOI48 VOL.34 雨田光平 SPECIAL@新宿 BE-WAVE

 2016年8月に弓神楽の唯一の後継者である田中律子宮司を迎えて開催されたSOI48 VOL.20。その時にDJの北村氏がプレイし出演者陣全員が釘付けになった曲が、フォークのような質感の琴とハープのアンサンブルに伝統的な歌唱法による自作自演の歌、エレガントな笙のドローンが重なる、信じられない和洋の折衷、雨田光平『京極流箏曲 新春譜』だった。今回、公式再発を記念してリワークを手がけたSUGAI KENとその発見者北村氏を招聘!春に相応しい和アンビエントとディープな琴セットを披露してくれるそうです。

 さらに、スペシャルゲストとしてALAN BISHOP、MARK GERGISと並ぶSUBLIME FREQUENCIESのオリジナル・メンバーROBERT MILLISが初来日!映像作家としてタイやインドのストリートをフィールド・レコーディングする彼は世界的SP盤のコレクターとしても知られDUST-TO-DIGITALにも楽曲を提供。今回現地で掘った音楽と電子音楽と融合させるスペシャル・セットを用意。ヒップホップから一転のアンビエント、フィールド・レコーディング、電子音楽漬けの超ディープな一夜をお見逃しなく!


SOI48 VOL.34 雨田光平 SPECIAL
2019年3月31日(日) 新宿 BE-WAVE
OPEN : 18:00-24:00

エントランス :
2,000YEN

※ご来場のお客様はお店にドリンクオーダーください。
※再入場可。出入り自由。

■SPECIAL GUEST DJ & LIVE
ROBERT MILLIS (SUBLIME FREQUENCIES)
SUGAI KEN (RVNG INTL. / DISCREPANT)

■SPECIAL GUEST DJ
江村幸紀 (EM RECORDS)
北村卓也

■DJ
俚謡山脈
KUNIO TERAMOTO aka MOPPY
KOICHI TSUTAKI
Soi48 (OMK / EM RECORDS)



ROBERT MILLIS (SUBLIME FREQUENCIES)
 SUN CITY GIRLSのALAN BISHOP、OMAR SOULEYMANを発掘したMARK GERGISが所属する謎に包まれたレーベルSUBLIME FREQUENCIESのオリジナル・メンバー。90年代にシアトルの地下シーンで活躍したCLIMAX GOLDEN TWINSを結成しホラー映画やカルト映画のサントラに楽曲を提供。その後SUBLIME FREQUENCIESの映像作家となりタイのピーターコン祭りの様子を収めた『PHI TA KHON: GHOSTS OF ISAN』、南インドの宗教行事、祭りを記録した『THIS WORLD IS UNREAL LIKE A SNAKE IN A ROPE』を発表。ストリートの様子をそのまま真空パックしたような映像は大きな話題を呼んだ。78回転レコード、SP盤のコレクターとしても知られDUST-TO-DIGITALにも楽曲を提供している。
https://robertmillis.net/







SUGAI KEN (RVNG INTL. / DISCREPANT)
 日本の夜を想起させる独特なスタイルを軸に、国内のコアな俚伝をギミカルに電化させるトラックメーカー。2017年作『不浮不埋 UkabazUmorezU』が国際的な評価(Pitchfork等)を獲得。2016年作『鯰上 On The Quakefish』はリプレスもレーベル元で完売。日本屈指のレーベル〈EM Records〉からの作品『如の夜庭 Garden in the Night (An Electronic Re-creation)』により世界中のコアなリスナーとコネクト。LOS APSON?の2014&2016~2018年間チャートに作品がそれぞれランクインし、Fabriclive(UK)への楽曲提供も 行った。また、BBC Radio、NTS Radio、Red Bull Radio等世界中のラジオ局にて頻繁に楽曲が使用されている。Solid Steel(Ninjatune)シリーズにRob Boothを唸らせた不思議なmixを提供。昨年のEUツアー(by RVNG Intl.)ではCafe OTO(UK)公演がsold outになる等、注目度の高さをうかがわせ、全13公演(6ヶ国)にてその独自性を遺憾なく発揮した。(ツアー期間中、Worldwide FMにてインタビューも収録)  国内外からの依頼多数により、現在複数のリリースを控える。尚、現行シーンでの活動と並行し、国内の郷土芸能アーカイヴプロジェクトに複数携わる等、亜種な活動を兀兀と展開中。

Sugai Ken, a sound musician that produces electrical noises inspired by Japanese folk traditions, has a distinctive style that is reminiscent of nightlife in Japan. Ken’s latest record, UkabazUmorezU (2017), which translates to ‘‘slow and steady wins the race”, has gained international praise from platforms such as Pitchfork. His album On the Quakefish, recorded in 2016, both original and repressed version were immediatley sold out. One of the most prominent Japanese labels, EM Records, released his Goto no Yoniwa (Garden in the Night), which further exposed him to international audiences.Ken’s works were featured on LOS APSON? charted throughout 2014, 2016 and 2017 and 2018. He also provided songs to Fabriclive (UK). In addition, Ken’s songs were frequently used by radios such as BBC Radio, NTS Radio and Red Bull Radio. He provided a mysterious mix to the Solid Steel (Ninjatune) series which had previously deeply impressed Rob Booth. During his EU tour (by RVNG Intl.) in April 2018, Ken attracted attention as his show at Cafe OTO was sold out, and he was able to demonstrate his originality at all 13 performances (across six countries) to its fullest extent. (Interviews were recorded on Worldwide FM during the tour). Currently he have to control the release in Japan and abroad, due to overwhelming demand. Aside from Ken’s current main activities, he is also constantly participating in unorthodox activities, such as several Japanese local talent archive projects.

http://sugaiken.jp
http://www.facebook.com/SUGAIKEN
http://sugaiken.bandcamp.com



Soi48 (EM RECORDS,OMK)
 旅行先で出会ったレコード、カセット、CD、VCD、USBなどフォーマットを問わないスタイルで音楽発掘し、再発する2人組DJユニット。空族の映画『バンコクナイツ』にスタッフとして参加し毎日映画コンクールにて音楽賞を受賞。EM Recordsタイ作品の監修、『爆音映画祭タイ|イサーン特集』主催、フジロックや海外でのDJツアー、トークショーやラジオなどでタイ音楽や旅の魅力を伝えている。その活動の様子はNHKのTV番組にも取り上げられ大きな話題となった。『Soi48』というパーティーを新宿歌舞伎町にて不定期開催中。Brian Shimkovitz(AWESOME TAPES FROM AFRICA)、Zack Bar(FORTUNA RECORDS)からモーラム歌手アンカナーン・クンチャイ、弓神楽ただ一人の後継者、田中律子宮司など個性的なゲストを招いてのパーティーは大きな反響を呼び英「The Wire」にも紹介された。タイ音楽と旅についての書籍「TRIP TO ISAN :旅するタイ・イサーン音楽ディスクガイド」好評発売中。


Soi48 (EM RECORDS,OMK)
Throughout their life journey, a DJ duo by the name of Soi48 discovered and revived music regardless of its format—whether LP records, cassette tapes, CDs, VCDs, or even USBs. On the production front, they have been music directors for “BANGKOK NITES”, a movie released in 2017 by Kuzoku, and EM Records’ Thai music production. They also involved in various activities such as domestic and international live shows (e.g. Fuji Rock Festival), talk show events, magazine and book publications, radio programmes, and TV shows (e.g. NHK), while promoting the glamour of Thai music and their music journey. Want to find out more about Soi48, Thai music, and their journey? Their book, “TRIP TO ISAN: Traveling Thai/Isan Music Disc Guide” is now on sale.




俚謡山脈(Riyo Mountains)[ムード山+TAKUMI SAITO]
 世界各国の音楽がプレイされるDJ パーティ「Soi48」内で活動する日本民謡を愛する2人組DJユニット。日本各地の民謡を収集/リサーチし、DJプレイしたりCDやレコードの再発を手掛けている。主なリリースにMIXシリーズ「俚謡山脈 MIX VOL.1」~「VOL.4」、「田中重雄宮司/弓神楽」(監修/エムレコード)、「境石投げ踊り」(監修/エムレコード)など。ロンドンのインターネットラジオNTS LIVEに日本民謡だけで構成されたMIXを提供。農民ダイナマイト(山梨県)、大和町八幡神社大盆踊り会(東京)など各地のパーティーにDJで参加。



江村幸紀
 音楽プロデューサー/デザイナー/エディター/ライター。世界中にファンを持つ音楽探究型レーベル、エム・レコードを主宰。「レコード・レーベルの最高裁」「Insider's Favorite」「日本一根性のあるレーベル」等々、好き勝手放題に呼ばれるエム・レコードのラインアップは今後も予想がつかない。「レコードCDはいま目の前にあるものを買う」「音楽の原則はいち個人」「幸運な出会いだけでやってきた」が口癖。80s半ばの高校時代コムデギャルソンの黒パン+ヒモ無しスーパースターで通学し誰にも理解されなかった悲しく暗い過去もあるそう。
http://emrecords.net
http://emrecords.shop-pro.jp
https://emrecords.bandcamp.com/album/em-records

北村卓也
 印刷デザイン労働者。CDレコード書籍などのレイアウト・デザインで糊口を凌いでいます。日本のいわゆるアンダーグラウンド音楽にかぶれていたら、いつの間にか都道府県各地の民俗〜大衆芸能レコードを集め始めていました。おじいちゃんおばあちゃんやお子、芸人の唄や語りに目がありません。
以前、俚謡山脈さんのパーティーで「雨田光平/新春譜」の音源をかけてみたところ、エム・レコードから復刻されるというミラクルを体験。その解説を書かせていただきました。

2019/02/14

JUU / BASS DOWN


 ワンメコンの最高顧問であり、YOUNG-GのミックスCDでもお馴染みのJUUさんの名曲「BASS DOWN」が7インチになりました!Soi48もデータでプレイしてきた曲なのでこれは嬉しいっ!非売品というレア度満点のアイテムでありますが、入手方法の難易度は低くEM RECORDSフェアを開催している全国のCD・レコード店でエム・レコードの新品フィジカル商品を2枚買えばフリーでもらえます。7インチやCDも対象なのでメコン度高い人は必ず入手を。タイヒップホップ界では久々のヴァイナル・カットで業界内で話題騒然。カリスマ・ラッパーやDJから問い合わせ多数来ているそうです。配信が当たり前の東南アジアの音源をアナログ・カットしてくれたEM RECORDSさんありがとうございます。OMK。




JUU / BASS DOWN
7” / JAPAN / EM RECORDS / EMC-008

(EM RECORDS公式インフォから転載)

<非売品7インチの内容>
現代タイのヒップホップ/ストリート・ミュージックを作品面・精神面の双方で牽引するカリスマ・クリエイターであり、日本でも盛り上がりをみせるJuu(ジュウ)の大人気ド・キラーTRAPチューン「Bass Down」と、80s−00sアンビエント/ニューエイジで絶大な人気を誇るFinis Africaeの、ファン垂涎の幻のディープ・インスト曲「La Danza De Los Hipocampos」(94年作)をカップリング。どちらも初のレコード化となります。

仕様:45回転7インチ/クリアパープルvinyl/両面穴空きディスコ・スリーブ(黒)に封入。

SideA.Juu - Bass Down
SideAA.Finis Africae - La Danza De Los Hipocampos



2019/01/29

2/3(SUN) SOI48 VOL.33 THAIHOP SPECIAL @新宿 BE-WAVE

 2019年最初のSoi48パーティーは『STUDIO VOICE : Flood of Sounds from Asia-そこで生まれる音楽-』でも取り上げられたタイ・ヒップホップ界の女王CLEO Pが来日!EDMやヒップホップにタイ音楽を落とし込んだ名曲「SAIYOR」、「GOLDEN TRIANGLE」 の生ライブを披露予定。バンコクの地下クラブや東南アジアの巨大フェスで披露しているヒップホップ〜EDMはもちろん、YOUNGOHMやFIIXDを輩出した『THAI HOP』を運営している彼女による最先端のタイ・ヒップホップ・セットも必見。2019年のタイ・ヒップホップ界最先端のトレンドが歌舞伎町で体験できます。
 さらにチームOMKがSoi48パーティーに初登場!ビンテージ・レコード、サイヨーを掘って進化を続けるYoung-Gとアジアの高層コンドミニアム系都会派チューンから農村DIYヒップホップまで愛するMMMのDJはメコン度高いイニシエーションを受けれる絶好の機会となること間違い無し。毎年恒例、先着入場者にプチお年玉プレゼントも配布します。正真正銘のアジアの現場を体験できる機会をお見逃しなく!OMK!


SOI48 VOL.33 THAIHOP SPECIAL
2019年2月3日(日) 新宿 BE-WAVE
OPEN : 18:00-24:00

エントランス :
2,000YEN

※ご来場のお客様はお店にドリンクオーダーください。
※再入場可。出入り自由。

■SPECIAL GUEST DJ & LIVE
CLEO P (THAIHOP) from THAILAND

■OMK DJ CREW
Young-G (stillichimiya)
MMM (スタジオ石/stillichimiya)
Soi48 (EM RECORDS)

■DJ
俚謡山脈
KUNIO TERAMOTO aka MOPPY
KOICHI TSUTAKI




CLEO P (THAIHOP) from THAILAND
 幼少期に父親が経営するバンコク、パッポン通りのゴーゴーバーでDJ文化に触れ、ブラック・ミュージック~ヒップホップの虜に。THAITANIUMのバックダンサーを経てDJの道へ。BANGKOK INVADERSに所属しバンコクのクラブからミャンマー、ネパールのフェスティバルまで出演する東南アジアを代表する人気女性DJである。EDMやヒップホップにタイ音楽を落とし込んだ名曲「SAIYOR」、「GOLDEN TRIANGLE」 ではトラックメイカーとしても才能を発揮している。
2017年にはタイの若手ラッパーを発掘しマネージメントするレーベル『THAI HOP』を立ち上げる。YOUNGOHMやFIIXDを輩出し、タイ・ヒップホップを世界に発信する役割を果たしている。2019年『THAI HOP』はさらなる若手をデビューさせる予定で今後の活動も目が離せないだろう。




OMK (ワンメコン)
 stillichimiyaのYOUNG-G、MMM、DJユニットSoi48を中心にアジアの地下ヒップホップ・シーンからクラブ、ローカルなディスコまで潜入調査し、インターネットの世界ではわからない音楽、危険な現場、ゴシップ、レコード、カルチャーをディグするプロジェクト。SNS上のうわべだけのコマーシャルと異なる”リアルで質の高い”情報は大きな話題を呼び『STUDIO VOICE : Flood of Sounds from Asia-そこで生まれる音楽-』やTBSラジオ「アフター6ジャンクション」で特集されることに。ワンメコン・ミーティング、DJイベントを不定期開催中。




YOUNG-G (stillichimiya)
 山梨県一宮町で生まれたムーブメント”stillichimiya”メンバー。DJ、プロデューサー、サウンドエンジニア‥音に関わる様々な活動を展開。ソロ活動としてDJやビートを提供する傍ら、田我流とカイザーソゼ、おみゆきCHANNEL、IS PAAR BAND等のプロジェクトにも参加。2011年フィリピン、マニラのトンド地区でのHIPHOPワークショップを経てから「アジアで独自の進化を遂げるHIP HOP」をテーマにしたMIX CD「Pan Asia」シリーズ(Vol1, 2)を製作。日本で流通、紹介されないアジア圏のHIPHOPアーティストの招聘や普及活動を展開。2017年公開の空族の映画『バンコクナイツ』に楽曲提供、録音スタッフとして参加。同映画は海外の映画祭で数々の賞を受賞、国内では毎日新聞映画コンクールの監督賞、音楽賞という名誉ある賞に輝いた。タイを中心にラオス、カンボジア、ミャンマー等、メコンの音楽に魅せられおよそ一年にわたり現地で音楽を収集、研究。独自の視点と経験から放たれる音は、リスナーを日常と洗脳から解き、桃源響へと導く。



MMM(stillichimiya、スタジオ石)
 1982年生まれ。日本大学芸術学部卒業。漫画家を経て、2010年より「スタジオ石」として、MV 制作、イラスト、デザイン、立体制作など多角的に創作活動を始める。ラップグループ「stillichimiya」のメンバーとして音楽活動もおこなう。脚本、演出、撮影、編集まですべてをこなすMV作品は、おもにweb上で公開、注目を集め、ジャンルを超えたアーティストから制作オファーが殺到している。『映画 潜行一千里』は向山が「スタジオ石」として『バンコクナイツ』の撮影を進める傍ら、自らカメラを回し空族の撮影風景の裏側を記録に収めた監督作品である。




Soi48(KEIICHI UTSUKI & SHINSUKE TAKAGI)
 旅行先で出会ったレコード、カセット、CD、VCD、USBなどフォーマットを問わないスタイルで音楽発掘し、再発する2人組DJユニット。空族の映画『バンコクナイツ』にスタッフとして参加し毎日映画コンクールにて音楽賞を受賞。EM Recordsタイ作品の監修、『爆音映画祭タイ|イサーン特集』主催、フジロックや海外でのDJツアー、トークショーやラジオなどでタイ音楽や旅の魅力を伝えている。その活動の様子はNHKのTV番組にも取り上げられ大きな話題となった。『Soi48』というパーティーを新宿歌舞伎町にて不定期開催中。Brian Shimkovitz(AWESOME TAPES FROM AFRICA)、Zack Bar(FORTUNA RECORDS)からモーラム歌手アンカナーン・クンチャイ、弓神楽ただ一人の後継者、田中律子宮司など個性的なゲストを招いてのパーティーは大きな反響を呼び英「The Wire」にも紹介された。タイ音楽と旅についての書籍「TRIP TO ISAN :旅するタイ・イサーン音楽ディスクガイド」好評発売中。



俚謡山脈(Riyo Mountains)[ムード山+TAKUMI SAITO]
 世界各国の音楽がプレイされるDJ パーティ「Soi48」内で活動する日本民謡を愛する2人組DJユニット。日本各地の民謡を収集/リサーチし、DJプレイしたりCDやレコードの再発を手掛けている。主なリリースにMIXシリーズ「俚謡山脈 MIX VOL.1」~「VOL.4」、「田中重雄宮司/弓神楽」(監修/エムレコード)、「境石投げ踊り」(監修/エムレコード)など。ロンドンのインターネットラジオNTS LIVEに日本民謡だけで構成されたMIXを提供。農民ダイナマイト(山梨県)、大和町八幡神社大盆踊り会(東京)など各地のパーティーにDJで参加。