2018/07/12

7/12(木)18:10〜NHK総合『首都圏ネットワーク』に俚謡山脈が出演!




 DANROのインタビュー記事で話題沸騰中のSoi48パーティー内で活躍するDJユニット俚謡山脈が7/12(木)18:10〜NHK総合『首都圏ネットワーク』に出演。Soi48パーティーやEM RECORDSからリリースする木崎音頭の制作の様子が紹介されるようです。彼らの特集は18:40前後の予定。首都圏(東京・埼玉・神奈川・千葉)ローカルで、臨時ニュースなどで放送が延期する場合があります。俚謡山脈ファンの皆様、Soi48パーティーに来たことのない方、是非チェックしてみてください。

公式HP
http://www4.nhk.or.jp/P350/

2018/07/10

8/15 (WED)クン・ナリンズ・エレクトリック・ピン・バンド来日公演 ~ピンバンド、お盆ライヴ 山口編~ @YCAM




2018年8月15日(水)
ピンバンド、お盆ライヴ山口編
17:00スタート(18:30終了予定)
入場無料(定員|先着80名)
会場:山口情報芸術センター[YCAM]ホワイエ(「メディアアートの輪廻転生」会場内)ほか
出演:クン・ナリンズ・エレクトリック・ピン・バンド、Soi48
https://www.ycam.jp/events/2018/phin-band-live-performance/

MONAURAL MINI PLUG / SAMURAI MEKONG ACTIVITY

 祝!一緒にタイ音楽を盛り上げてきた仲間、日本唯一のピン・プラユック・バンド、モノラルミニプラグが8月22日にP-VAINからデビュー・アルバムを発売します。ミックス/マスタリングはstillichimiyaのYoung-G、録音は山﨑巌、デザインと解説はSoi48が担当。まさしく『バンコクナイツ』の縁で完成した作品です。タイ音楽、ワールドミュージック・ファン聞いて欲しいですが、クラブ・ミュージック、ジャーマン・ロック好きなど様々なジャンルのリスナーに手にとって欲しい!演奏しているのは日本人の若者ですが、これこそタイの現場の音楽です。



(公式インフォから転載)
民謡クルセイダーズ、バンデラスに続くWORLD DANCE MUSIC from 東京!

これはもうフロア最前線のベース・ミュージック?ケーン(竹でできたリード楽器)やピン(独特のスケールで鳴る3弦ギター)など現地で購入した楽器を使用し、タイ東北部・イサーン地方の伝統音楽「モーラム」を演奏する本格派、Monaural mini plug。 彼らは「爆音映画祭2018特集タイ イサーンVOL.2」@WWWや、stillichimiya復活祭「KAMIKANE3000」など、その独特の音色とグルーヴで「よくわからないけど踊れる!」と会場を次々にトリップさせてきた。そんな彼らの1stアルバム『Samurai Mekong Activity』が遂に発売決定!!

坂本慎太郎をはじめ多くの音楽好きがタイ音楽のおもしろさを公言する今。初の全国(全世界?!)流通盤となる今作では、ミックス/マスタリングにstillichimiyaのYoung-Gを起用。映画『バンコクナイツ』に楽曲提供や録音で参加し、タイ現地で音楽を収集・研究したYoung-Gのremixは、タイのみで流行っている現行ぶっ飛びダンスチューンの「Saiyor」仕様。
また今作のアートワークを手掛けたのは、Soi48の高木紳介。CDブックレットには、Soi48による解説も封入予定。

8月12日(日)には、WWW Xで「爆音映画祭2019 特集タイ|イサーン VOL.3 プレイヴェント」
~ピン・プラユック・スペシャル~」と題したイベントが行われる。
Monaural mini plug、ROVO、stillichimiya、クン・ナリンズ・エレクトリック・ピン・バンド、DJでSoi48が出演する。詳細はHPで情報をチェック!タイ音楽に魅せられた若者たち、Monaural mini plugで踊り明かしましょう!

<リリース情報>
2018年8月22日 発売
PCD-83009  Monaural mini plug『Samurai Mekong Activity』

[CD]¥2,300+税
[配信]各主要配信サイト、定額制聴き放題サービスでも同日配信開始
[TRACK LIST]
1. Lam Phuthai / ลำภูไท
2. Lam Tangwai / ลำตังหวาย
3. Tengoku / สวรรค์
4. Sua Jagua / เสือจากัวร์
5. Samurai Lam Phloen 2561 / ซามูไรลำเพลิน 2561
6. MMP Rainbow Remix



<プロフィール>
タイの人気ピン奏者テック・ラムプルーンから学んだ日本唯一のケーン・ピンプラユックバンド。電気ピン担当の真保信得、ケーン担当の牛田歩、パーカッション担当の冨樫央、ベース担当の黛敏郎の4人を中心に作り出すグルーブはまさに現地そのもの。
都内の公園、レストラン、ライブハウスや屋外イベントで活動中。
公式HP: https://monaural-mini-plug.jimdo.com/
Twitter: @monaural_m_plug

木崎音頭保存会/クラーク内藤 [木崎音頭] (監修:俚謡山脈)

 DANROのインタビュー記事で話題沸騰中のSoi48パーティー内で活躍するDJユニット俚謡山脈のリリース第3弾が発売!「八木節」の源流「木崎音頭」に焦点を当て、保存会のドープな録音とクラーク内藤によるTRAPを収録。タイ音楽で例えるならイサーン音楽の大物プロデューサー、スリン・パークシリが強く語るパッタナー(発展・改革)を実行したのが今作。Soi48パーティーのスタイルが刻み込まれた12インチなので是非とも手に取ってみてください。


木崎音頭保存会/クラーク内藤 [木崎音頭] (監修:俚謡山脈)
CD / JAPAN / EM RECORDS / EM1179CD
LP / JAPAN / EM RECORDS / EM1179LP

(EM RECORDS公式インフォから転載)

俚謡山脈監修の民謡シリーズ第三弾、今度は群馬だ!異常なブースト低音と歪んだ木霊が渦を巻くヘヴィーウェイト盆踊り決定版「木崎音頭」を、現地保存会のオリジナル版と当世TRAP版の新旧ダブルでリリース。これで貴方の民謡観が覆る!?

我が国で初めてレコードになった民謡であり、民謡界最大級のダンクラとして親しまれる「八木節」、その直接的な源流が群馬県太田市新田木崎町に今も伝わる盆踊り唄「木崎音頭」だ。この曲がとにかくヤバい。その危険なド迫力の前にはどんな民俗音楽系ダンス・チューンも霞んでしまう正にキラー・オブ・キラー!スタジオでEQ調整を間違えたか?と思わず耳を疑ってしまう歪んだ低音と異様な残響に彩られたマッシヴなロウ・ビート。そして色街の夜に生きる飯盛女(注1)のストーリーを赤裸々に綴った口説き形式(注2)の歌詞。これはシカゴで生まれたゲットー・ベースでも、アトランタで生まれたトラップでもない。北関東の生活の中で育まれた日本民謡なのだ。

今回我々は木崎音頭保存会の協力の下、盆踊りの夜の喧騒を閉じ込めた昭和55年と56年の現地録音版をリマスターして収録。そこに新しい試みとしてクラーク内藤による新録の木崎音頭を併せて収録した。ガレージ・パンクをサンプリングしたトラックでラップし、ゴルジェ界隈でも活動するMC/トラックメイカーのクラーク内藤は、ボ・ディドリーとベース・ミュージックを「3分間のR&R」というタームで接続するセンスの持ち主。俚謡山脈×クラーク内藤の共同作業は当世風のトラップ・ビートにスウィートなシンセを添えた現代版の木崎音頭を生み出した。これは俚謡山脈がSoi48のパーティーで行っている「民謡をターンテーブルに乗せて爆音で鳴らす」という行為の延長でもあり「新しい民謡の楽しみ方」の提案だ。単にカッコいい音楽としてお楽しみ頂きたい。


----------------------------------------------------------------
注1:飯盛女(めしもりおんな)
かつて日本の宿場町で家事労働と性労働に従事していた女性のこと。木崎は日光例幣使街道の宿場町として栄え、多くの飯盛女が越後より奉公に来ていた。その飯盛女たちが越後から持ち込んだ新保広大寺節が木崎音頭の元唄である。

注2:口説き形式
7-5もしくは7-7の単位を繰り返し、長時間演唱される楽曲(詞)の形式。長編の物語を歌にする遊芸人の芸能や、トランス状態を生むため夜を徹して行われる盆踊りなどに多く見られる。木崎音頭は7-7-7-7を一単位としている。
----------------------------------------------------------------

監修・解説:俚謡山脈
装丁:高木紳介(Soi48)

+ 解説/歌詞/貴重写真掲載
+ 日本語・英語表記

CD版:20pブックレット封入、通常ジュエルケース仕様
LP版:ライナー封入

TRACKS:
1. 木崎音頭(1980)唄と演奏:木崎音頭保存会
2. 木崎音頭 =インスト=(1981)演奏:木崎音頭保存会
3. 木崎音頭(2018)唄と演奏:クラーク内藤
4. 木崎音頭 =インスト=(2018)演奏:クラーク内藤




2018/07/04

ミュージック・レヴュー・サイト「Mikiki」にJUU&G.JEE × YOUNG-G × Soi48のインタビューが掲載されました。





ミュージック・レヴュー・サイト「Mikiki」のアジア音楽最前線に迫る連載「アジアNOW!」の第1回は先日KAMIKANE 3000、Soi48パーティーで来日公演をしたJUU&G.JEEのインタビューを掲載。YOUNG-G × Soi48のワンメコン・メンバーによるタイ・ヒップホップ・シーンの紹介も。現地のリアルな情報ですので、知っておくとタイ旅行が2倍楽しめます。動画リンクも沢山掲載されているので、タイ音楽DIGにご役立てください。OMK!