2021/10/13

チャバープライ・ナームワイ&バーンイェン・ラーケン / ラム・プルーン ソンテウ愛好会

 




チャバープライ・ナームワイ&バーンイェン・ラーケン / ラム・プルーン ソンテウ愛好会 

7" / EM RECORDS / EMC-016


 最近ADM、サイヨーにどっぷり浸っているSoi48ですが、モーラム愛も忘れておりません。EM RECORDS + Soi48によるタイ音楽最新シリーズはスリン・パークシリ先生の秘蔵モーラムを7インチを再発。男女の掛け合いがベースにある語り芸"モーラム"では女性同士で吹き込んでいる録音はレア。チャバープライとバーンイェンが1つのマイクに向かって歌っている写真をスリン先生のスタジオで見つけた時は手が震えたものです。バーンイェンは全盛期、チャバープライは結婚、妊娠して引退前最後の録音。マスタリング、カッティングは安心のEM RECORDSクオリティ。もちろんスリン・パークシリ先生オフィシャル・ライセンスです。



(以下公式インフォより転載)

 忘れた頃にやってくるエム+Soi48のタイ音楽アーカイブ・シリーズ最新作は、発売を控えるスリン・パークシリ先生のモーラム仕事集(シリーズ史上最高傑作を宣言)からのシングル・カット……ではなく、その前祝いに投下するアルバム未収/シングルオンリーのモーラム爆弾。黙って一曲勝負の片面7インチ。(※音質実験の意味もあり)

 タイ好きなら思わず身を乗り出してしまう題名「ラム・プルーン ソンテウ愛好会」は、70年代~80年代で最も優れたメジャー興業モーラムのひとりだったチャバープライ・ナームワイと、モーラム女王、バーンイェン・ラーケンのデュオというそれ自体キラーな組み合わせの希少録音で更に未CD化。今回が初の再発となる。

 このシングルは、常に<音楽面>の面白さを追求した発明家的プロデューサー、スリン・パークシリ先生が、80年代初頭、自身のティッソー・ラム・プルーン楽団で行った一連の録音セッションのハイライトのひとつであり、ラム・プルーンものの特上品だ(その他のキラー曲はごっそりコンピレーションに収録)。ベースギターがブンブンうなるこのエレクトリック・トラックに、チャバープライとバーンイェンのマイク奪い合いモーラム・バトルが展開するチューン。「タクシー!タクシー!」とタクシー運ちゃんを容赦なく煽るモーラム姐さん達のこの熱いラムを爆音で一発かければディスコは炎上爆発。もちろん訳詞掲載!

 VINYL用マスターとカッティングはベルリンD&Mスタジオの古参エンジニア( レゲエ関係のスペシャリスト) のグッドジョブで音質保証。


=注釈=

ソンテウ(またはソンテオ):タイで普及している、小型トラックの荷台を改造し旅客用とした乗り物。乗合バス又は乗合タクシーにも相当する。本曲は庶民の新手の交通手段としてソンテウが出現し始めた頃の作品である。


=作品仕様=

+ 二つ折りスリーブ封入

+ スリン・パークシリ先生のゴム判押印

+ 日本語・英語訳詩掲載

 TRACKS:

ラム・プルーン ソンテウ愛好会 (3:46)

Lam Phloen Shomrom Rot Songthaew

(英題:Lam Phloen Songthaew Fan Club) 

2021/08/20

UNLIRICE #00 MAGAZINEに寄稿しました。

 





 UNLIRICE #00 MAGAZINEにタイ産ベース・ミュージック"SAIYO"の記事を寄稿しました。サイヨーはタイ全土で流れているダンス・ミュージックでありながら、その歴史、音楽の性質については謎に包まれている。それもそのはず、暴走族、ゲットー、不良文化と切り離せないこの音楽は、音楽好き、文化人から無視され続け、インターネット、文献問わず資料はゼロ。タイ語の論文、研究書も存在しない音楽ジャンルなのだ。UNLIRICE #00ではSoi48が長年潜入調査してきた、ネットではたどり着けないアジアのリアル・ストリート文化を紹介。OMK、Soi48だからできたBerghain顔負け!カメラの持ち込み厳禁の貴重サイヨー現場写真も掲載されています。MALL BOYZ、LE MAKEUP、GABBER MODUS OPERANDI、MONG TONGなどアジアの熱いアーティストと並んでこの音楽が紹介されていることが嬉しい!UNLIRICE #00は全文英語なので、この素晴らしいダンスミュージックが全世界に広まることを願っています。

UNLIRICE #00 MAGAZINEはSoi48 SHOPで好評発売中!

https://soi48.theshop.jp


(公式インフォより転載)

UNLIRICE #00 MAGAZINE

出版元:MOTE Inc. (Japan)

製本:並製

判型:30x23x3cm / オールカラー / 464頁 / カラーシュリンク包装(緑色)

重量:1.6kg

言語:英語

ISBN:9784991211508

発売:2021年8月 / 刊行:不定期

編集:川田洋平、Moteslim

デザイン:森大志郎、小池俊起

©︎ 2021 MOTE Inc.


現代アジア圏で変容を続けるカルチャー諸相、その重奏可能性を試行する類例なきプロジェクトが始動!


2021年夏、アジア各国から生み出されるクリエイティブにフォーカスしたプロジェクト「UNLIRICE(アンリライス)」が立ち上がります。音楽、ファッション、写真、映像、文学、アート―いまこの瞬間にも明滅する種種雑多の光を拾い集め、重ね合わせ、そこから生まれうる新たな文脈とつながり、そして広がりを企む。この『UNLIRICE』はそんな開かれてゆくべきアジアの可能性を希求した、永遠に完成することのない地図制作のドキュメンテーションのようなものなのです。


みなさまへ

わたしたちはここに、アジアから生み出されるクリエイティブにまつわるプロジェクト〈UNLIRICE〉を立ち上げます。

そもそも、「アジア」とはいったいなんでしょうか?当然、人が変われば、この言葉から連想する文化も地域も大きく異なることでしょう。ある人は漢字の並ぶ書を思い浮かべ、ある人はきらびやかなステージで踊るアイドルを想像する。焼かれるような日差しの下でおびただしい量のバイクが走る風景が脳裏によぎる人もいれば、高層ビルが建ち並ぶツルツルとした都市を想起する人もいるでしょう。それらはすべて合っていると言えるし、合っていないとも言える。わたしたちはみな、アジアについてまだ何も知らないのかもしれません。

〈UNLIRICE〉はこの問いに対する「正解」を探すことが目的ではありません。多様なイメージを統合するつもりもなければ、「アジア」の名のもとに連帯を訴えるものでもない。いや、そもそもわたしたちは、まだお互いの姿さえまともに認識できていないわけです。だからわたしたちは、互いの存在に気づくために地図を描くのです。その地図はそれ自体があらかじめ存在せず、不断に更新されつづけ、いつまでも仮設的なものにすぎず、しかしそれゆえ、わたしたちはそこにまだ知り得ない、新たな出会いを見出すことができると思うのです。

この『UNLIRICE』#00はある種のラフスケッチのようなものであり、どんなかたちであれ、わたしたちはみなさんと一緒にここに何かを描き足していきたいのです。「雑誌」という形式すらも、〈UNLIRICE〉のひとつの仮の姿にすぎないでしょう。この実践を通じて、新たな文脈がうまれ、つながりがつくられ、アジアの可能性がこれまで以上に開かれていくことを期待しています。

2021/08/19

Always Listening by Audio-Technicaのサイトにて『伝統と最先端が融合するタイ音楽』と題して記事を書きました。


 

Always Listening by Audio-Technicaのサイトにて『伝統と最先端が融合するタイ音楽』と題して記事を書きました。地域に密接なレコード史から新型コロナの影響まで。音源も聴けるので是非チェックしてみてください。

https://www.audio-technica.co.jp/always-listening/articles/thai-records/?fbclid=IwAR1sdCEP1DsMCrb_RK33CBoOBn1P6u3-dzafb3383ju4RYIyiKNov0UFdY4


2021/08/11

2021年8月11日(水)~17日(火)東武百貨店池袋店8Fで開催されるアジア フェスにてSoi48関連のCD、レコード、Tシャツを販売!

  2021年8月11日(水)~17日(火)東武百貨店池袋店8Fで開催されるアジア フェスにてSoi48関連のCD、レコード、Tシャツを販売します。おうちで楽しめる食品も多数揃えているので引きこもりのお供に是非。

http://www.tobu-dept.jp/ikebukuro/event/detail/4079/





2021/08/05

インドネシアのインディー・ゲーム『コーヒ・トーク』のゲーム・サウンドトラックCDの日本版解説を書きました。




 インドネシアのインディー・ゲームスタジオTOGE PRODUCTIONSが開発した、コーヒーを淹れながら、心と心を通わせるノベル・ゲーム『コーヒ・トーク』のゲーム・サウンドトラックCDの日本版解説を書きました。とにかく癒されます・・・。


(以下公式インフォより転載)

"ジャジーなコード、ヒップホップのビート、レコードのパチノイズ、チルなマインドとハート、それだけで『コーヒートーク』の音楽になるんだ。

それはあなたの心を落ち着かせ、リラックスさせる、そして何よりも心の温もりを感じられるはずだよ。" 

- アンドリュー・ジェレミー(ゲームプロデューサー/ミュージックコンポーザー) - 


インドネシアのインディー・ゲームスタジオTOGE PRODUCTIONSが開発した、コーヒーを淹れながら、心と心を通わせるノベル・ゲーム『コーヒ・トーク』のゲーム・サウンドトラック。リリースは『VA-11 Hall-A』でおなじみのレーベル、BLACK SCREEN RECORDSから!!

2020年のアメリカ・シアトルを舞台に夜間営業のカフェ「コーヒ・トーク」のバリスタとなり店を訪れる客の様々な悩みを聞きながら飲み物を提供する。『カウボーイビバップ』『攻殻機動隊』『新世紀エヴァンゲリオン』などの1990年代アニメからの影響を感じさせる世界観で、サウンド・トラックも音楽好き、レコード好き要チェックの内容。

久石譲~坂本龍一~Nujabesラインの涙腺崩壊メロディーとヒップホップ・マナーのビートが心地良すぎる"SUNSET IN THE CITY"をはじめ、メロウでジャジー、ラウンジーな極上トラックの嵐に悶絶必至! 随所に入れ込まれたパチノイズ等、レコ好きに親和性の高いコンセプトと音楽性に圧倒されます。CD化に際して"THE WAY I SEE"、"DANCE IN THE SHOWER"をボーナス・トラック追加。

帯・解説付き国内仕様CD

日本語解説: Soi48