2022/07/06

OMK#001

 


保存と開発!伝達と変遷!アジアのリアルをディグするOMKが新聞を発刊!

アジアの地下ヒップホップ・シーンからクラブ、ローカルなディスコまで潜入調査し、インターネットの世界ではわからない音楽、危険な現場、ゴシップ、レコード、カルチャーをディグするプロジェクトOMKが初の機関紙を発刊!タイ、台湾、韓国、音楽、ファッション、映画、ルークトゥン、ADM、レゲエ、ヒップホップ、レコード、食、日本酒、ゲーム、TikTok、恋愛、暴走族、民謡、労作唄、そして日本・・・OMKの"興味"、"好き"を凝縮!

YOUNG-G(Stillichimiya)、俚謡山脈、空族、Monaural mini plug、Soi48、モンキーキング(イサーン)、パクダハム(韓国)、らが全方向からアジアを堀り、語る。

MMM(Stillichimiya)による書き下ろし漫画『バンコク工業高校物語』、地元の兄貴から、再生回数億越えのスターラッパーまで網羅したイサーン・ヒップホップ&レゲエ完全マップ付属。32コンテンツ、QRコード217個掲載!


タイトル OMK#001

著者 OMK

判型 縦406mm×横272mm(タブロイド版)

頁数 38頁

仕様 タブロイド紙(カラー、白黒)/カラービニール包装

定価 2,000(税抜) / 2,200(税込)

発行 OMK

監修 OMK

編集 Soi48、俚謡山脈

デザイン Soi48

漫画 MMM

©︎2565OMK


■OMK (ワンメコン)

 stillichimiyaのYOUNG-G、MMM、DJユニットSoi48を中心にアジア各国に潜入し"そこにしかないカルチャー"をディグするプロジェクト。モットーは"論より現場"。空族の映画『バンコクナイツ』公開後、俚謡山脈、Monaural mini plugが合流し、タイ人ラッパーJUUが最高顧問となる。思想と取材方法に賛同する現地アーティストも多く、アジア各国でリンクが深まっている。

リアルな現場から得たSNS上のうわべだけのコマーシャルと異なる”リアルで質の高い”情報は大きな話題を呼び『STUDIO VOICE : Flood of Sounds from Asia-そこで生まれる音楽-』やTBSラジオ「アフター6ジャンクション」で特集されることに。「ワン・メコン・ミーティング」、アジアのローカルダンスをプレイする「ADM1317」渋谷WWWβなどDJイベントを不定期開催中。


■販売店

Soi48

https://soi48.theshop.jp


大平 BIGFLAT

エム・レコード

誠光社

PEOPLE BOOKSTORE

LVDB BOOKS

にほん酒や


OMKでは『OMK#001』の販売店を募集しています。書店、CD/レコード・ショップ、飲食店、雑貨屋、WEBショップ、どこでもOK!

soi48store(at)gmail.com

まで気軽にお問い合わせください。





2022/06/30

7/10(日)「CRAZY BANANA presents HO-HAI」@Contact TokyoにOMKで出演します。

 


 ワールドミュージックで陶酔する多幸的夜祭HO-HAIにOMK(MMM、Young-G、Soi48)で出演します。3フロアを使った豪華ラインナップ、夕方から23:00までのイベントなので是非遊びに来てください。営業終了が決定しているcontact tokyoでOMKがプレイするものは・・・。


「CRAZY BANANA presents HO-HAI」@Contact Tokyo

7/10(日) Open 16:00 - Close 23:00

¥3000 (+1D ¥600) Advance

¥4000 (+1D ¥600) Door

※未成年の方もご入場いただけます。顔写真付き身分証明証をお持ちください。

※小学生未満無料 (別途 1Drink ¥600) *保護者同伴で入場可

前売りチケットのご購入はこちらから

https://www.contacttokyo.com/schedule/ho-hai-8/


Studio:

-Live-

民謡クルセイダーズ

OKI DUB AINU BAND

GANGER

蟻アント & mocodanon, Kanno Anco

-DJ-

MARI (Eeeek! | Acame)

AMA UU (Eeeek!)

MagRena


Contact:

Soi48 & OMK crew

知久豊 (BALKANBEATS TOKYO)

Amemiya KSK (discos PAPKIN)

PooLSharK (越境ダンスホール)

mitokon (TYO GQOM)

TIDI

AG (Eeeek! | Crazy Banana)


Foyer:

チャーミー☆カリプソン

大石始

パラクシュ

Yasuhiro Mori

Las Tres Hijas (Llumi, Snow, pope)

DJマリアージュ

あわい (越境ダンスホール)

オクマチナツ


[Rajasthani Dance]

ASAMI INDIGO


[Food]

ラブエイジア四ツ谷 / サイババキッチンあべんべ@Cocotable


[占い]

あわい

produced by CRAZY BANANA


ワールドミュージックで陶酔する多幸的夜祭HO-HAI。Contactでは最後となる今回、民謡クルセイダーズやOKI DUB AINU BANDなど豪華ゲスト招いてあげる大花火。日本の伝統と世界各地の音楽の魅力を、アヴァンギャルドかつディープにお送りしてきたCRAZY BANANAクルーの、総決算とも言える大祭が幕を開ける。

2022/05/01

5/28(土)「森、道、市場2022」にOMKで出演します。

 


 日本全国から素敵なモノやおいしいごはんを携えたお店が500店以上集まる市場とジャンルを問わず素晴らしい音楽が複数のステージで演奏される野外イベント「森、道、市場2022」にOMK(MMM、Young-G、Soi48)で出演します。OMKの出演は5/28(土)MORI.MICHI DISCO STAGEです。


「森、道、市場2022」

【日時】2022年5月27日(金)11:00~、28日(土)10:00~、29日(日)10:00~

【会場】愛知県蒲郡市ラグーナビーチ(大塚海浜緑地)&遊園地ラグナシア

【料金】入場券¥5,300


<5/27(金)>

ACO / OGRE YOU ASSHOLE / OLAibi + KOM_I and yury nomura (eatrip) / くるり /

GEZAN / 坂本美雨 /

水曜日のカンパネラ / STUTS / DEATHRO / Nulbarich / ハナレグミ / FNCY /

BREIMEN / フレデリック


<5/28(土)>

青谷明日香 / 悪魔の沼 / ALL OF THE WORLD / OKAMOTO'S / オカモトレイジ

(OKAMOTO'S) / Ogawa & Tokoro /

擬態屋 / KIRINJI / ゲスの極み乙女。 / Cody・Lee(李) / GOFISH (Band set) / 佐

藤千亜妃 / サニーデイ・サービス /

THA BLUE HERB / JJJ / cinema staff / Daichi Yamamoto / TOSHI-LOW

(BRAHMAN/OAU/the LOW-ATUS) / 徳利 /

どんぐりず / 藤井隆 on the パソコン音楽クラブ /藤原さくら / Fumiya Tanaka /

Helsinki Lambda Club /

YOUR SONG IS GOOD / yonawo / 礼賛 / Licaxxx / ROTH BART BARON / OMK


<5/29(日)>

Ikalaser / eill / EGO-WRAPPIN' / 思い出野郎Aチーム / 清 竜人 / GRAPEVINE /

go!go!vanillas / サラーム海上 /

(sic)boy / 水中、それは苦しい / ストレイテナー / 砂原良徳 / SPECIAL OTHERS /

Soichi Terada / chelmico /

D.R.C.(COVAN,NEI,homarelanka,Andre,Ryo kobayakawa,etc..) / Tohji /

tofubeats / TOMMY(BOY) / 七尾旅人 /

NUMBER GIRL / bird / Hump Back / BBHF / HIYADAM / んoon / BUDDHAHOUSE / mei

ehara / ゆうらん船 /

Yogee New Waves / LITTLE CREATURES / RYOKO2000


主催:森、道、市場実行委員会

問合せ:tk-morimichi@tsuitachi.jp

HP:https://mori-michi-ichiba.info

Facebook:https://www.facebook.com/morimichiichiba

Twitter:https://twitter.com/morimichiichiba

Instagram:https://instagram.com/morimichiichiba

YouTube:https://www.youtube.com/user/morimichiichiba


2022/01/23

V.A. / スリン・パークシリの仕事2:特選モーラム集1960s-80s

  ついに究極のモーラム・コレクションが公式再発!イサーンでレコードを掘ったのも、『Trip To Isan』を執筆したのもこのアルバムを世に出すためだったのかも知れません。EM RECORDSと一緒にお仕事をするようになって、まず考えたのはタイ音楽をリリースし続ける事。


・タイ音楽をリリースし続ける。

・リスナーに歌手名、プロデューサー名を知ってもらう。

・公式ライセンスで出す。


 約10年前、タイ音楽のレコードを集め出した時に疑問を感じたことが、細野晴臣やフィル・スペクターに対して、細かく調べているような音楽好きがタイ音楽になった瞬間「あのアジアな感じがいいんだよね〜」なんて語っていたことです。なんでロック、ジャズ、レゲエでは年代やレーベルなど細かく調べて語り合うのに、アジア音楽になった途端、雰囲気で聞くのだろうか?!

 もし音楽ライターがビートルズのレビューで「ロンドンの霧の感じが伝わってていいよね〜」とか、スタジオ・ワンの説明文で「南国の雰囲気が漂うジャマイカの有名レーベル」なんて書いたら仕事が来なくなりますよね?アジア音楽ではそれが許されていたのです。もちろん文字の壁や情報が整理されていないのはわかります。しかし80年代、90年代のレゲエやブラジル音楽は、市場開拓の結果、リスナーが増え、レコードが運ばれ、ディスクガイドが発売され、マーケットが生まれました。

 こんな状況を打開するためにはリリースし続けるしかないし、本を出版したり、トークショーを行わうなど地味な作業をしないといけないのです。近年ブートレグ再発をおこなっていた欧米のレーベルは、民族楽器を使ったバンドの新録や権利が消滅したSP音源のリリース、フィールドレコーディングやエディット加工でライセンス問題から逃げています。要は搾取できなくなったから新しいトレンドを作り出し、問題をすり替えたのです。もちろん、しっかりと人間関係を構築しているレーベルもありますが、"やり逃げ"、"ポイ捨て"されている。これが東南アジア音楽の現実です。

 今回、EM RECORDSとSoi48がリリースするのはスリン先生に何回もお会いして、信頼関係を築き上げた結晶というべき究極のモーラム集。スリン先生はイサーン音楽をタイ全土でヒットさせるために歌謡曲と語り芸であるモーラムをミックスさせたルークトゥン・モーラムを生み出しましたが、今作はチャウィーワン・ダムヌーン「ナコーンパノムへようこそ」以外は混じりっ気なしの純粋なモーラム!最高のラム・プルーン集だと断言します!

 今作のリリースで、タイ音楽が欧米の音楽と同様に歌手、プロデューサー、レーベル単位で語られるようになって欲しい。そしてタイ音楽好きが、当たり前のようにルークトゥンとモーラムのジャンル分け、ルークトゥン・モーラムとモーラムの違いが判別できる時代が来ることを願っています。OMK!



V.A.『スリン・パークシリの仕事2:特選モーラム集1960s-80s』

EM RECORDS / CD / EM1198CD

EM RECORDS / LP / EM1198LP



(下記公式インフォ転載)

日本に細野晴臣、ジャマイカにソニア・ポッティンジャーやハーマン・チン・ロイがいるように、タイにはスリン・パークシリがいる。彼がプロデュースした現代モーラム(*)の宝物を詰めた世界初コンピレーション。


Soi48とエムのタイ音楽アーカイブ・シリーズ立ち上げ時から目標(野望)に掲げてきたスリン・パークシリのモーラム作品集で、シリーズ中、最大ボリュームでお届けするタイ・イサーン音楽のある意味、究極的なアルバムです。


パークシリはアンカナーン・クンチャイ「イサーン・ラム・プルーン」で、タイの伝統芸能と西洋ポップスを折衷し、タイ歌謡の方向を変えてしまったゲームチェンジャー的な革命児ですが、彼の生まれ育ったタイ東北地方イサーンの伝統的語り芸、モーラムの発展には人一倍の熱意と創意でとりくみました。 本作はレコードからカセットテープへと媒体が移っていく1970年代から80年代、パークシリが手がけた現代モーラム作品をコンパイルした、タイでもいまだ編纂されていない音源集です。この曲群が長らく手付かずだった理由は、彼が独立プロデューサーだったことと、作品のほとんどが7インチ・シングル盤で流通していたことにあります。


1曲単位の制作だったシングル盤時代からカセットテープ時代に入り、フォーマット上の要請で音源をより多く供給する必要がうまれ、多くのプロデューサー達は格式ある難しいモーラムの型を崩し、芸能技術の敷居を下げて対応しました。これが80年代のモーラム・ブームを駆動させましたが、パークシリの流儀は、芸能の型は崩さないかわりにサウンド(オケ、バンド演奏)で革新を追求することにあり、新旧・有名無名のモーラム達を相手に音楽的バリエーションを生み出すことに成功。これはモノ・コードで演奏も楽器も固定され、ワンウェイになりがちな同ジャンルでは驚異的です。


今回、優雅でオーセンティックなものからラディカルな実験作まで、モーラムという伝統音楽をアヌラック・レ・パッタナー(タイ語で「保存と改革」の意)して継承した彼の手腕を聞く22曲をセレクト(デジタル版は18曲のみ)。ほとんどの曲が初再発・初CD化で一部は初レコード化となります。これまでコレクターしか耳にできなかったタイ・イサーン音楽の秘宝がここに開放されます。みなさま長らくお待たせしました。 


*注釈:

モーラム:東南アジア/ラーオ系の伝統的な語り芸。モーは達人、ラムは声調に抑揚をつけながら語る芸能。つまり「語りの達人」で、その歌手と芸能の両方をさす名称。モーラムは「歌」ではない。


=作品仕様=

+ワイドケース、36頁ブックレット封入、帯付

+ 解説(日本語・英語併記):Soi48

+ 装丁デザイン:高木伸介(Soi48)


TRACKS:

1. ラムヤイ・サンカマニー「ラム・プルーン カッコイイ男」

2. ショームサワイ・セーンタウィースック「ラム・プルーン わたしを指名して下さい」

3. トーンミー・マライ「ラム・プルーン 女の子をたしなめる」

4. ゲーオター・プラヤーレー「ゲーオターのラム・プルーン」

5. チャム二ァン・ミットプラチャー「ラム・プルーン 俺とつきあって下さい」

6. チャバープライ・ ナームワイ「ラム・プルーン なだめてくれないと愛さないわ」

7. チャバープライ・ ナームワイ「ラム・プルーン サウジアラビアへの思い」

8. ソンタヤー・カラシン「 ラム・プルーン 親友と親友」(インスト)

9. ホームファン・サクサクン「ラム・プルーン 若いバツイチ男 」

10. パイリン・ポーンピブーン「ラムプルーン カティナ祭り」

11. パイリン・ポーンピブーン「パイリンのラム・タンワイ」

12. バーンイェン・スリーウォンサー「 ラム・プルーン サコンナコーン」

13. ソンタヤー・ カーラシン「ラム・タンワイ ジゴレット」

14. ソムティン・チャルーンチャイ「ラム・プルーン 民謡」

15. チャバープライ・ ナームワイ「ラム・プルーン 野外映画の物語」

16. バーンイェン・スリーウォンサー「ラム・プルーン ナコーンパノム」

17. サックチャイ・ペッチウボン「ラム・プルーン 別れの前に」

18. チャウィーワン・ダムヌーン「ナコーンパノムへようこそ」

19. カンプン・フンスック「ラム・トゥーイ 愛のラムウォン」

20. チャム二ァン・ミットプラチャー「 ラム・プルーン 森の散策の物語」

21. ナリー・ルンルアン「ラム・プルーン 愛しましょう」

22. カンプン・フンスック「ラム・トゥーイ イサーン女の約束」

2022/01/06

Soi48 VOL.44 & 45配信パーティーご来場、ご支援ありがとうございました。

 


 Soi48 VOL.44 & 45配信パーティーご来場、ご支援ありがとうございました。今回のパーティーの内容は2月に開催した新宿、歌舞伎町のホストクラブの配信後すぐに企画したのですが、DJ TAPAS MTの交渉、大阪に何回も出向いてのロケハンと調査に時間がかかりあっという間に冬に。BE-WAVE閉店後、ホストクラブにて夜のストリート・ミュージックを紹介し、満足した我々が次に考えたのは東京を出てパーティーをすることでした。Soi48パーティーの初遠征が南大阪で本当に良かった!

 出演者の皆様、、スムーズな配信を担当してくれたスタジオ石、音響と効果音を対応してくれたYoung-Gと鈴木さん、画面には映っていませんがケイタリングや裏方のサポートをしてくれたスタッフ達に感謝を。今回もスムーズに配信できたのは彼らのおかげです。

 今後のSoi48パーティーですが、コロナの状況を見ながら現場と配信の並行で開催していくと思います。現場だけ、配信だけの回もあるかもしれないし、今回のように両方併用したパーティーの時もあるかもしれません。魚市場からの配信で、日本全国どこからでもパーティーを開催できる自信がつきました。久々の有観客はやっぱり最高でした!スポンサー様、支援してくれた視聴者様本当にありがとうございました。今年もSoi48、OMKをよろしくお願いします。


■スポンサー様

浅草橋SERA様

うぶごえ様

カレー屋ボタ様 

モーラム酒店様

ラブエイジア四ツ谷様

36チャンバーズ・オブ・スパイス様


■乾杯で配信を盛り上げてくれた視聴者様

chiichii様

chimi様

IXPO様

KOICHI TSUTAKI様

M.M.様

M.T.様

N.K.様

R.Y.様

T.K.様

T.K.様

T.M.様

T.O.様

T.O.様

T.T.様

T.T.様

TOBI hostel & apartments様

WWWTH様

Y.A.様

Y.K.様

Y.W.様

Y.Y.様

Y&K様

yukakichi様

あらた様

イズミとシャンコ様

えーか様

エム・レコード様

カーネル食堂様

カサ様

けい様

コーヒー様

シゲさん様

しとろん様

せっちゃんときみちゃん様

なーむ様

ナカムラ夫妻様

ナナ様

ミオジョウ様

もりっしー様

ヤヨイ様

ラブエイジア四ツ谷天野様

リュウタロウ様

ルーシー様

わたなべひろあき様

宇宙軒様

家具屋様

関東宝龍会様

荒本祥典様

堺魚仲買事業協同組合様

埼玉県飯能市・眼鏡部(めがねぶ)一同様

山田ヒロシ様

清少納言様

大地の眼様

大門前帝国萬歳様

東京 武蔵野 吉祥寺にほん酒や様

八重垣神社祇園祭様

墓場戯太郎様

闌fam様


※ペンネームが無かったお客様はイニシャルで記載しています。